2005年03月16日

今日のニュース:大相撲 琴龍が休場

 大相撲春場所(大阪場所)4日目、
 33歳、入幕から9年の前頭12枚目力士が休場するニュースが
 NHKオンライン:スポーツ欄トップに約8時間も置かれ続けたのには
 理由がある。

 このニュースは警鐘なのである

 琴龍は過去4場所休場しているが、当然いずれもケガが理由である。
 怪我をしながら頑張って上位に上がるけれども、翌場所には無理がたたって下位に下がる
 という感じで、
 平成8年7月の新入幕以来、幕下陥落こそないものの、ずっと上がったり下がったりであった。
 しかし今回は
「肝機能障害や高血圧、それに糖尿病の症状でおよそ1か月の安静・治療が必要」

 明らかに慢性的な病気である

 相撲取りの世界では、強くなること=太く大きく重くなること が今も重視され
 科学的な健康管理がおろそかになっている現状がある。
 その弊害についてスポーツ科学の分野からは再三指摘されてきたが
 ひとつの「閉鎖社会」である相撲界はそれを素直に受け入れることもできず、
 さりとて自己改革が進んだともいえない。

 この問題、
 実は国技の周辺の関係者も、速やかに改革を促したいと考えている。 
 現状を放置すれば、将来的には、相撲取りは皆病人という状態になり
 新弟子の勧誘にも影響し、相撲界の衰退が進むことは目に見えて明らかである。
 もし「誰か」が
 相撲界が「無視できない形」でこの問題をクローズアップし変革を迫ろうとする場合
 場所中の、相撲中継のなかでの解説(=閉鎖社会の内側)ではなく、
 中継の合間に流れるニュースという形でわざわざ取り上げることで
 この問題を広く国民に知らしめて「一般化」するのが最も効果的である。
 
 このニュース、発信の日時は「03/16 15:11」である。
 NHKニュースは、しばしば政治的とも言うべき警鐘であることを忘れてはならない。


 さて、琴龍、実は「ひいおじいさん」から代々相撲をとってきた家系の出である。
「早朝4時に突然部屋に連れ込まれて四股を踏まされそのまま入門した」
 というエピソードが語られているが
 これも父や祖父を見て育ってきた、本人なりの覚悟があったからこそである。

 代々相撲をとってきた家系・・・

 おそらくこのニュースは
 二子山親方=元大関貴ノ花=貴乃花親方の実父 の危篤報道への伏線
 ともなるであろう。
 相撲界において、北の湖親方(元横綱北の湖=現日本相撲協会理事長)と並んで
 二大巨頭ともいうべき二子山親方の存在感は
 いまだに圧倒的である。
 彼らが作った大相撲の歴史を受け継ぐ流れと勢いは
 残念ながら現在、今場所の相撲には見受けられない。

 根本的な改革と底上げが、相撲界に求められている点については、私も同意する。

posted by nhktoday at 22:43| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBが二重になってしまったようで、申し訳ありません
あまりにも「ぼく流」ですが、NHKとお相撲と言えば「窓際のトットちゃん」なのです
「アメリカにはデレビジョンという魔法の箱があって、それさえあれば家に居ながらお相撲が見れる」
病気の友人からそう聞かされたトットちゃんは、成長して、創成期のNHKの専属女優になり大活躍します。
今のNHKの職員の、何%の人がこの本を読んでいるのでしょうか。
Posted by ぼく at 2005年03月18日 00:24
突然コメントなんてしてしまってすみません。琴龍関の大ファンで、今回のこと本当に心配しています。いろいろ検索して調べていて行き着いたので思わずコメントだけさせていただきます。。。確かに琴龍関はけがにここ最近泣かされ続けていました(その最初のけがが、あの大関魁皇の強引な小手投げだったこと、あれは明らかに禁じ手です。こちらもどうにかしないとみんな腕を壊されちゃいます)。今回は本当に体を蝕んでいるようで。。。
公傷制度は、下位の力士を守るためのものであったはずが、大関の「3か月に1回勝ち越せば地位が保てる」という悪しき温床になってしまいました。
NHKと大相撲の関係は、いい面もいっぱいありますが(中継でのアナウンサーのコメントなどは、相撲を深く理解していないと難しいものばかりです)、大相撲を本気でかえていくために、もっと踏み込んで欲しいですね。

以前、仕事の関係で(フリーでライターしています)元NHKの杉山茂氏にインタビューしたことがあるのですが(スポーツ報道の草分け的存在のひとで、W杯や五輪の中継にいろいろ携わっている方です)「相撲と野球」は日本のテレビコンテンツの中で生き残っていく。と語っていました。
野球であれ、相撲であれ、その前に本体がぼろぼろになっちゃいますね。。。
これって、もしかしてNHKの凋落とおなじでしょうか。。。

ぼくさんの、トットちゃんの話といい、これからのテレビや相撲のあり方が劇的に変化するような気がしてなりません。。。
二子山親方だって。。。本当に。。。
今の言葉でいうと、「相撲界は、誰のものか?」って感じですよね。

長々失礼しました。
Posted by yukotani at 2005年03月24日 18:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

おすもう。
Excerpt: 今日はバイトでした。 お相撲がらみのバイトです。   琴龍が突然休場したから、取り組み予定が変わって、ちと面倒だったよね、わたる。 診断書見て、笑ったもん。   理由が..
Weblog: ちょっと考えてみました。
Tracked: 2005-03-17 18:05

「窓際のトットちゃん」を、もういちど‥‥黒柳徹子さんの思い出
Excerpt:  男性には購入しづらい本ではないか。しかしこれを女・子供の読む本、あるいは単なる
Weblog: ぼくのWeblog 
Tracked: 2005-03-18 00:04

岡山県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 岡山県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2014-06-06 02:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。