2005年03月28日

出演者交代:週刊こどもニュース

 土曜の晩、わが家のこども達はプチ・パニック状態でなかなか大変だった。

 週刊こどもニュース、突然の出演者総入れ替えである。

 NHKの番組ホームページ上でのお知らせも当日の日付、
 つまり 完全に不意打ちだった可能性が高い。
 確かに今までもたくさんのこども達が卒業していったけれども、
 お父さんもお母さんもこども達もみんな突然居なくなってしまうというのは

 11年続いているこども向け番組として適切だったであろうか

「なんで?どうして?」下の子は全く事態が飲み込めていない。
 毎週欠かさず番組を見てきた彼らは
 番組の中の家族それぞれの位置づけと、実際の家庭の中での自分の位置づけ、

 「家族」と「家族」をオーバーラップさせてきたのかもしれない。
 それは「感情移入」という言葉をはるかに超えた状態であろう。

 バーチャル空間への没入の度合いが、私たちの世代とでは違うのか、
 いや、こどもってそんなものか・・・

 そう考えてふと、番組の最後で「全員卒業」のお知らせを聞いたときに
 自分自身も少なからず動揺したことを思い出した。

 私にとっても、池上彰キャスターは「お父さん」だったのかもしれない。
 いわく「番組を卒業するとともに、NHKも卒業します。」・・・
 お父さん、番組開始以来11年間、いや、NHK入局以来、ご苦労様でした。

 来週の土曜日夕方には、どうせまた皆でテレビの前に集まるであろうことは分かっている。
 こども達も、学校のクラス替えくらいの気持ちで新しい「家族」に慣れるだろう。

 でもしかし、やっぱり寂しい別れの春である。

posted by nhktoday at 00:12| Comment(39) | TrackBack(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。