2005年03月15日

受信料の不払いが出来ないときは?

我が家は山の中の町はずれにある。
誰もNHK受信料なんて払う気がしないほど
地上波は届きはしなかった

だから最近都会の人々が、受信料を払わないと聞いたとき
なんだそれなら我々田舎者は、もっとまっとうな
「よく映らない」という理由で払うべきではなかった
と、ちょっとバカを見た気分である。

さて遅まきながら我が家でも
NHK受信料の不払いでもしてみようかと考えてハタと気がついた。
近年ケーブルテレビの回線が我が家の近くにも伸びてきた。
最初は様々な誤解があって「一番最初に引いた家が高い回線敷設料を払う」
と皆思い込んでいたので
「誰が最初に申し込むのか」「誰々さんが買ったテレビはケーブル対応らしい」
としばらく心理戦が続いたが

ほどなく町のIT【アイティー】予算だなんだで敷居が低くなったので
気が付けば、どの家も皆ケーブルテレビを引いていた。

そしてNHK受信料は、ケーブルテレビの料金に最初から込み
これはまるで天引き、すなわち給料の源泉徴収にも似て
全く有無を言わせないのだ。

都会の人が不払いという行為で物を言っているときに
わたしは有無を言わせてもらえない状況に陥っている・・・

そこでブログを始めることにした。
今日のNHK

相手が聞くか聞かないかは別にして
勝手に有無を言わせてもらうことにする。


posted by nhktoday at 01:19| Comment(10) | TrackBack(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。